下取りは必ずしも最適な方法ではない

ディーラーでの車の下取りは、必ずしも最適な方法ではありません。車を入手する際に利用したディーラーならば顔見知りですし、下取りについてもきちんと行っていただける安心感があるため、提示された査定の価格で納得してしまう場合があります。しかし提示された価格は本当に高値なのかは分かりません。

もちろん、どうしてもディーラーで下取りをしたいのであれば問題ありませんが、ディーラーでの査定において疑問を感じた時には、下取りではなく、車買取の業者にまずは査定をしていただく方法があります。

車買取一括査定サービスの利用で見えてくる相場

車買取の業者に査定をしていただく際は、車買取一括査定のサービスで10や20といった業者から査定をまとめて受けることが可能です。車買取一括査定サービスを利用すると、各業者がどれくらいの価格なのかが分かるため、車の相場が見えてくることになります。相場とディーラーの下取り価格が近い場合は、普段から利用しているディーラーで快く下取りできます。

またディーラーでの下取り価格よりも業者の方が高く、それが魅力的に感じる場合は業者での車買取を選択することによって、車を売る場合に損をすることは無くなります。車買取一括サービスで査定をしていただく時は、1つでも多くの業者から査定を受けることでより相場が見えてきます。

中古車一括査定でスピード売却

自分が乗っていたクルマを手放す時に、ネットで「中古車一括査定」というのがあるのをご存知でしょうか。
その「一括査定」のサイトにクルマの車種や色、年式や走行距離、車検の期限などの情報を入力すると、一度に複数の中古車業者からの査定が受けられます。
折角クルマを手放すのですから、できるだけ高く買い取ってもらった方が良いに決まっていますので、これを活用しない手はありません。
私も以前、クルマを手放した時にネットで一括査定をして、満足のいく金額で買い取ってもらいました。
一括査定で複数の業者にクルマを見てもらう際に、多くの業者が「通常だとこの金額しか出せませんが、今ここで即決して他の業者を断ってもらえるならば、ここまでお支払いします」と言って即断を迫ろうとしてきます。
そんなセールストークを囁かれても即決せず、せめて2~3社の査定を受けると相場感も分かって、どこの業者の条件が一番良いかも一目瞭然となります。
ちなみに私の場合は、最初の業者が思いのほか良い条件で出して来たことと、他の業者が来て査定するのを待つ時間が惜しかったので、スパっと最初の業者で決めてしまいました。
どうされるかは、その時の皆さんの状況でご判断されるのが良いでしょう。